冷えルーフ - 事業内容

冷えルーフ

冷えルーフ

金属折板屋根の遮熱シート「冷えルーフ」は、室温の温度上昇を抑えるため、空調費やCO2を削減に効果的です。雨音の低減・結露の緩和・屋根材の熱伸縮による金属疲労の抑制・冬季の保温などの役割も果たします。 新設・既設を問わず施工が可能な屋根断熱システムです。

冷えルーフは、夏は涼しく冬は暖かい
自然の力を利用した全く新しい発想の遮熱システムです。
折版屋根の上に施工された冷えルーフが日影を作り、折版の温度上昇を抑制します。

施工事例はこちら

冷えルーフの主な効果

    • 夏季

      温熱低減 折版屋根の上に施工された冷えルーフが日影を作り、太陽光を遮り、折版の温度上昇を抑制します。
      蓄熱抑制 遮熱シートに穴が空いているので風が通り、蓄熱を抑えます。
      CO2削減  冷えルーフの敷設により、温度上昇を抑えることによって冷房使用量が削減しCO2の削減につながります。

       

      冬季

      低下抑制 冬場は、逆に低温時に屋根の表面が冷えすぎないよう温度低下を抑制します。
      保温効果 屋内からの熱を遮熱シートにより防護し、保温効果もあります。
      結露緩和  夜間の放射冷却及び、積雪時における屋根裏面の結露緩和を実現します。

       

      通年・その他

      雨音低減 冷えルーフのシートで雨やあられを受けることで、金属屋根をたたく雨音が低減されます。
      屋根保護

      折板屋根の熱伸縮によるキシミ音の軽減効果にも鳴ります。
      また、シートで覆うことにより建物の保護の効果もあります。

 

  • 屋根と冷えルーフとの隙間
  • 冷えルーフ施工時と未施工比較
  • 冷えルーフ全体

遮熱対策広報比較表

  冷えルーフ 遮熱塗料 断熱工法 屋上緑化
施工面積 屋根面積の約80%以下

 屋根面積の150%以上(屋根が折版の場合)

屋根面積同等  屋根面積より少なく施工する方法しか不可能
施工期間
(1,000㎡あたり)
 1日程度  5日~2週間
(天候に左右される)
 2~3日  2日~3週間

(施工方法により異なる)

維持管理費   ほぼフリー(5年保証)  ほぼフリー  ほぼフリー  緑化メンテが必要

水捌き・除草等

屋根荷重 1~5kg/㎡程度

(シートのみ256g/㎡)

 塗装の厚さによりこ異なるが、他工法に比べれば小さい 既存屋根同等の重量

荷重制限によっては不可

 20kg/㎡以上

荷重制限よっては不可

雨音  ◎かなり低減される  △ほとんど変わらない  ◎かなり低減される  〇かなり低減される(施工箇所)
断熱効果  ◎効果が減少することなく持続する  〇表面の汚れがなければ効果を発揮  〇断熱材への熱ごもりが懸念される  ◎植物が育成し、土に水分が含まれた状態で施工箇所において高い効果を発揮する
効果の持続性  ◎屋根面の汚れ等による影響を受けず施工後と変わらない効果が得られる  △黄砂やほこり、落葉などにより、本来の効果に影響を及ぼす恐れがある  ◎折版間の空気層の熱がこもらなければ効果は維持できる。暑さによる金属疲労が問題  ◎定期的なメンテナンスを行っていない場合等では効果が薄れる可能性がある
冬季  ◎保温効果と結露緩和効果がある △冬季は、ほとんど効果がない  〇保温効果が見込まれる  〇冬季は植物の効果があまり期待できず

土の部分が断熱材としての効果が見込まれる

補修・保護
としての用途
△汚れ等や直射日光があたりにくく屋根の負担を軽くする ◎屋根表面を塗装するので屋根材への保護を兼ねることができる  ◎上屋根と下屋根の温度差で結合部の金属疲労が起こり、強風時に屋根が破損する恐れがある(施工方法による)  △鳥害や土、枯葉等の影響を受ける。

屋根だけでなく、樋などにも影響が起こる可能性がある

※独自調査に基づく

Contact

TEL.058-323-2072[受付時間] 8:00~17:00

powerd by formy(フォーミー)